ストレス

基礎体温のパターンを把握しよう

妊娠をしたいと考えている女性が、妊活を行いたいと考えたら、まず一番はじめに行った方が良いとされるのは、日々の基礎体温を測り、自分自身のパターンを把握することでしょう。
基礎体温とはどのようなものか、また基礎体温のパターンを把握することとはどういったことなのでしょうか。

人間として活動をするために必要な最低限のエネルギーのことを基礎代謝といいます。
その基礎代謝のために、発生する熱のことを基礎体温と呼びます。
4時間以上安静にしている状態の時に測定する必要があります。
立ったり食べたり飲んだりなど、何も活動をしていない時に測らなければ分からないため、ほとんどの場合、朝目覚めてすぐに体温測定をすることが一般的です。
基礎代謝に必要な基礎体温を毎日測り続けることによって、女性ホルモンが順調に分泌されているかどうかが視覚的に分かるのです。

基礎体温は細かく測る必要があるため、一般に使われている0.1度単位体温計ではなく、0.01度単位で測ることができる、基礎体温専門の婦人体温計を事前に購入し、用意しておく必要があります。

測った基礎体温は、メモしてグラフに記すと分かりやすくなります。
自分でグラフをつけても良いですが、便利な基礎体温専用の基礎体温表というのが薬局に売られています。
インターネットのサイトなどでグラフをダウンロードできますし、また産婦人科クリニックなどでも、いただけることもあります。
さらに最近は基礎体温を付けるための、スマートフォンアプリが何種類も配布されていますので、自分に合っている記録媒体を使いましょう。

基礎体温を数か月付け続けると自分自身の排卵のパターンを知ることができます。
まず高温期と低温期の二相性がはっきりと表れているのかどうかということです。

基礎体温に二相性が表れていると、排卵日や次の月経を予想することができることから、妊活を行うのに大変役に立ちます。
また排卵が行われていない等、妊娠に至らない何らかの理由をあらかじめ推定することができます。